Two men have been arrested for Harry Uzoka’s murder

harry uzoka model british fashion menswear

Following last week’s news that model Harry Uzoka had been murdered, it has today been announced that two men have been arrested in connection with the incident. On Thursday, Uzoka was pronounced dead at the scene in Shepherd’s Bush after suffering from stab wounds in what was described as a robbery gone wrong. 

After arrests on January 14 and 15, it has now been confirmed that…

read more »



Papier Machine: A Book of Six Interactive Electronic Paper Toys

We’ve seen a wide gamut of paper project books lately, from shadows and cameras to planetariums and architectural models. Joining the DIY library today is Papier Machine, a collection of six interactive electronic paper toys all gathered together within the pages of a book developed by a trio of French designers. The various experiments are silkscreen printed on perforated paper and activated by button cell batteries, conductive silver ink, metal marbles, and other electronic components.

The six included gadgets include a piano “tuned” by hand-drawn graphite zones, a gyroscope, a marble track that plays sounds, a wind sensor, a centrifugal force track, and a tilt switch. Earlier versions of Papier Machine won Audi Talent and Red Dot Design awards, leading way to extra research and development in this final book which just launched on Kickstarter. (via It’s Nice That)

Samuel Ross on how to break into fashion without going to fashion school

a-cold-wall* aw18 samuel ross london lfwm

“Fashion design just didn’t seem like a viable option when I was growing up,” says A-COLD-WALL*’s Samuel Ross, not long after his AW18 show last week at LFWM – which brought together luxurious, technical reimaginings of the clothes you’d find worn on construction sites with a set inspired by artist Anthony Caro. “I didn’t know I could make a career out of it at all.” 

He managed it, though. In a few short years, Ross has grown his…

read more »

a-cold-wall* aw18 samuel ross london lfwm  a-cold-wall* aw18 samuel ross london lfwm  a-cold-wall* aw18 samuel ross london lfwm  a-cold-wall* aw18 samuel ross london lfwm  a-cold-wall* aw18 samuel ross london lfwm  a-cold-wall* aw18 samuel ross london lfwm  
View Gallery (27 images) 

No one wins when Margaret Atwood gets cancelled by #MeToo

margaret atwood

Nothing echoes the oppressive dystopia of The Handmaid’s Tale more than the author Margaret Atwood gets cancelled by the #MeToo movement for having a slightly different opinion.

Joining in the conversations surrounding sexual harassment, Atwood penned an article for the Globe and Mail named: “Am I a bad feminist?”. In it, the 78-year-old novelist said recent controversies were…

read more »



The controversial art works that sent the world into a spin

p03lstzz

The art world means serious business. Paintings and sculptures sell for hundreds of millions of pounds at the drop of a gavel, works are stolen and sold on the black market, and the authenticity of others have divided elitist circles worldwide. Naturally, all this lays the groundwork for some good old fashioned trolling. From surrealists to web-savvy pranksters, art history is plagued with examples of tricks and jokes that at best, have provoked laughter, or worse, stirred international…

read more »



How YouTube’s trending algorithm is making the internet darker

Youtube Artwork MW

If we are to learn anything from YouTube’s recent Logan Paul controversy, it’s that it was inevitable. Content creators know that shock and disgust is what gets them trending, and when views are high, so are the earnings.

After the influencer uploaded a vlog that showed a dead body in Japan’s Aokigahara (aka “suicide forest”), the company — after several days of inaction — have now cut business ties with Paul. This means he is no longer one of their promoted creators. However, while…

read more »



Alcoholism, addiction and homelessness: my life as the drummer for Hole

Patty Schemel

A lot of people wish they could’ve been a fly on the wall during the 90s grunge scene. Patty Schemel lived it. As the drummer for Hole, Schemel spent years on the road with Courtney Love and Kurt Cobain, and documented both their musical and their personal experiences together.

“I got a video camera for Christmas, and I just took it on the road with me,” Schemel explains. “I would just film stuff,…

read more »



戦わない写真が語るアフガニスタンの40年

スティーヴ・マッカリー(Steve McCurry)は、アフガニスタンで40年近く写真を撮り続けている。活動初期、ソ連の侵攻に抵抗するムジャヒディンの姿を捉えた彼は、ソ連が撤退し、ニュースが関心を失っても、アフガニスタン残留を選んだ数少ないカメラマンのひとりだ。マッカリーは、この国がある程度の復興を遂げ、平和を取り戻すまでの過程、それに続くタリバンの台頭、有志連合の介入による影響を記録し続けた。

マッカリーは、アフガニスタンで自らの代表作となる1枚を撮影してからも、戦闘、爆発、軍隊では表現しきれない同地にフォーカスし続けた。破壊や危険と結びつけられがちなアフガニスタンの、思いやりと愛情に満ちたポートレートをつくりあげた。

マッカリーは、『Afghanistan』にどんな想いを込めたのだろう。

あなたの写真集は、近年発売されたアフガニスタン関連の書籍とは違って、戦闘の写真を掲載していませんね。戦闘の描写と戦闘による影響の描写、両者の違いについてどうお考えですか。

そもそも、私は戦場カメラマンではありませんし、戦闘を撮った経験もありません。20〜30年前には何度か、偶然、戦闘に巻き込まれたこともあります。でも、今まで撮影した他の国でも、戦闘は撮っていませんし、これからも、戦場カメラマンを名乗るつもりはありません。もっと重要なのは、というより興味があるのは、一般市民、つまり、普通の生活をしていたのに、対立するふたつの勢力の板挟みになってしまった人たちです。私にとっては、そちらのほうが重要です。

写真集のなかには、傷や拘束など、戦争直後の影響を捉えた写真もありますが、希望や美しさを撮った写真もあります。これほど多くの写真を編集するのは、とても大変な作業だったはずです。ネガティブな要素とポジティブな要素のバランスにも配慮されたのでしょうか。

ここで選んだ写真は、私のアフガニスタンでの旅を反映しています。日記と呼んでもいいでしょう。その日記から重要なページを抜き出しました。アフガニスタンでは、1978年以降、武力紛争が続いています。人も文化も素晴らしい、美しい国ですが、多くのトラウマや問題を抱えています。さらに、ロシアや中国のような近隣諸国だけでなく、米国とその同盟国も、この国の紛争に介入しようとしています。様々な国がアフガニスタンに干渉しました。今回選んだのは、印象深い時間や人物を捉えた写真です。個人的な旅を通じて、文化や国民だけでなく、この国に何が起こったのかを、私の視点で示そうと挑戦しました。これは、過去40年のアフガニスタンの歴史ではありません。アフガニスタンでの私の40年間の経験です。

アフガニスタンの人びとへの愛情が、写真から伝わってきます。9.11以降、アフガニスタン人の〈人間らしさ〉が描写される機会が少ない、もしくは、メディアがそれを充分に報道していない、と感じますか?

アフガニスタン人は、素晴らしいユーモアのセンスの持ち主です。みんな優しくもてなし好きで、勤勉です。家族を愛し、教育や医療制度を欲しています。しかし、ニュースで扱われるのは、アフガニスタンのテロリストの話題ばかりです。私の体験とは、全く違います。アフガニスタン人の友人がたくさんいるので、私は、彼らの本当の人柄に触れました。

写真集のあとがきで、歴史学者、ウィリアム・ダリンプル(William Dalrymple)も触れている、〈人の多様性〉が表現されていますね。アフガニスタンでは、数え切れないほどの民族が暮らしていますが、先ほどおっしゃったように、近年の報道ではひと括りにされがちです。この写真集で、彼らの個性、多様性、彼らが織りなす複雑さを伝える、という意図もあったのでしょうか。

できるだけ多様性を描写しよう、と留意していました。しかし、繰り返しになりますが、これは旅の記録です。私が創りたかったのは、この国の全ての部族や地域を網羅した本でも、百科事典でもありません。それはそれで、違う読者を対象にした、全く別の本です。これは、私的な体験を収めた本です。政治や情勢に全く関係のない、個人的な写真も載せています。

アフガニスタンで40年近く活動されてきましたが、このような大がかりな回顧録に取り組もうとしたきっかけは何だったのでしょう。

一生かけてひとつのテーマに取り組むこともできます。でも、ある時点で、自分の言葉や写真を振り返ったとき、伝えたいことは伝えられた、自らの声明は発表した、とひと区切りできる時が訪れます。自分が提示しようとした〈印象〉が完結した、という感覚です。ある経験をして、それを5回、10回と振り返るうちに、同じ経験を繰り返しているような感覚が生まれます。アフガニスタンでも他の場所でも、そういう感覚を得たときこそ、新しいテーマに進むときです。

この本は、回復と楽観、絶望、というふたつの相反するイメージで構成されています。現在のアフガニスタンについては、どうお考えですか。あなたが初めて訪ねた頃よりも、状況は悪化しているのでしょうか。

アフガニスタンは、必ず立ち直るはずです。今の状況は、これからも続くでしょうけれど、アフガニスタン人はとても打たれ強いので、どうにか適応するでしょう。彼らは、そのようにして数百年もの歴史を築いてきました。米国、英国、NATOが介入したアフガニスタンの現状を見てください。彼らの政策や欲望のせいで、この国は荒れ果ててしまいました。異なる思惑を抱く国々が介入し、米国人は、アフガニスタンの状況を理解しようとも、把握しようともしませんでした。その結果、米国の1兆ドル(約110兆円)がほぼ無駄になり、数千名の米国兵が亡くなりました。彼らの目論見は、失敗に終わったとしかいいようがありません。

この国にはタリバンもいます。彼らの故郷は、アフガニスタンですから、他に行き場はありません。アフガニスタン軍人には、また別の明確な使命があります。彼らは、基本的に勝利を収めているので、士気も高いです。いっぽうで、人間には闘争本能があるとはいえ、米軍駐留兵の大半は、故郷に帰りたがっているはずです。アフガニスタンは、彼らの母国でもありませんし、そこでの戦闘は、彼らの闘いでもありません。多くの兵士は、アフガニスタンの文化に興味がありません。アフガニスタン人に会ったり、彼らの家を訪ねるような交流も、滅多にありません。

米国が無駄にした1兆ドルがあれば、アフガニスタンにたくさんの学校や病院などをつくれたでしょう。アフガニスタンは、いつか自ずと答えを出すはずです。このままでは前に進めない、と悟るときが来るはずです。そして米国も、国力を投入しても意味がないと気づくでしょう。世界を制することはできない、とすでに学んでいるはずですから。

『Afghanistan』はTaschenで発売中。